チリ人と日本人の飲み会に奇跡的に参加できた

 

今回は

僕のチリでの生活を変えることになるパーティーについて書いていこうかなと思います。

 

僕はチリ行きを決めてすぐにチケットを買ったので、最初、チリに友達は一人もいませんでした。

実際にチリに行くことを周りの人に言って初めて、大学の友達にチリ人のおっさんを紹介してもらったと言う流れです。

 

なのでチリについて初めの一ヶ月はチリ人のおっさんしか知り合いはいませんでした。

 

少しずつチリの生活に慣れてきて

もっと年の近い現地の学生とも会いたいなと思ってたけど、どうやって会えばいいかもわからず、困ってました。

 

ブログをチリ人の学生に見つけてもらう

 

しかし、ちょうどその時、僕が書いていたこの記事が、facebookのチリ人と日本人のグループで奇跡的にシェアされたらしく

その中にいたチリ人の学生が僕に連絡をしてきてくれました。

しかも、彼女は大学で日本語を勉強していたので、僕たちは日本語でやり取りをすることができました。僕はスペイン語はできなかったので、本当に助かった。

彼女はサンティアゴ大学の学生でした。

サンティアゴ大学には日本語学科があります。チリで唯一の日本語学科です。

 

messengerで

「今度チリ人と日本人の飲み会があるから来ませんか?」と誘ってもらい

参加することになりました。

 

チリ人と日本人のパーティーに参加する

 

そして連絡をくれた子の家で飲み会が始まりました。

 

チリでは家で飲むいわゆる宅飲みが一般的です。

まあ、日本みたいにあまり居酒屋というものがなく、あってもバーとかになるので、

みんなでワイワイ飲むには宅飲みが適しています。安いし。

 

飲み会はたまにスペイン語になるくらいで、ほとんど日本語でした。

チリに留学に来ている日本人とも出会い、その後、日本語で再会したりします。感動だった。

 

 

久しぶりの飲み会は本当に楽しかった。

 

チリでの移動手段は電車、バス、タクシーと様々ですが

配車アプリのuberがかなり普及していて

移動にはみんな使っています。

値段は時間にもよりますが、比較的安く、使いやすいです。

 

なので終電という概念がなく

みんな好きな時にきて、好きな時に帰ります。

 

その後、知らない人の送別会に行ったり、自分に似てる日本人がチリにいたことを知る

 

「○○の送別会だけど来る?」

「え?送別会って、俺○○に会ったことないけど、、、」

 

気づいたら送別会に行ってました。

 

会ったことない人の送別会に行って、初めまして、さようならって感じです。うけた。

 

でもチリのパーティーでは割とこれは一般的ですね。

友達の友達がパーティーにいるとか全然余裕であります。日本ではあまりないので最初はびっくりしました、すぐ慣れたけど。

 

あとは謎に

「前チリに来てた○○っていう日本人に似てる!」とか言われて

「いや、日本人だから同じように見えるだけだろ」

とか思って写真見せてもらったら、僕に激似でした。

 

その後もパーティーに行くことで、いろんな人に出会うことができ、チリでのネットワークが広がって行きました。

 

チリに行く前は、チリに全然興味なかったけど

チリで出会った人たちのおかげでどんどんチリを好きになっていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です