日本にチリの情報がなさすぎるからもう自分で作ろう

ブエナス タルデス!(こんにちは)

今日覚えたスペイン語です。

チリはスペイン語圏ということを知ったので、スペイン語の勉強を始めました。

僕は英語なら簡単な会話はできますが、スペイン語は全く話せまん。

チリ人はあまり英語を話せないみたいなので、スペイン語も少しずつやっていきたい。

 

こんにちは、チリの人です。まだまだ日本にいます。

 

チリ出発まで1ヶ月を切りましたが

現状チリについて知ってることは

・細長い

・スペイン語を話す

・チリワインが有名

の3つです。

 

このままじゃさすがにやばいなと思い、今日はチリの本を探しに本屋に行ってきました。

 

チリの本を探しに本屋へ

 

旅行の本があるコーナーへ行ってみると、、

 

「、、、あれ、、ないぞ、、、、」

 

おいおいマジかよ、、チリの本がない、、

 

さすがに一つもないはずはないだろうと思い、諦めずに隅から隅まで探しました。

 

「地球の歩き方 アルゼンチン チリ パラグアイ ウルグアイ」を見つける

「あった!!あったぞ!!!」

「地球の歩き方 アルゼンチン チリ パラグアイ ウルグアイ」がありました。

なんかアルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイと一緒になってるけど、あっただけよしとしよう。隣国とは仲良くしないとね。(たぶん隣国)

 

そんな感じで無事チリの本を手に入れることができましたが

 

今日一日で日本ではまだまだチリの情報が少ないことを実感しました。

まあ僕もチリに行くことを決めるまでは、チリのことを考えたことはなかったと思います。

それだけ日本人にとってチリは身近な話題ではないってことですね。逆に面白くなってきたぞ。

 

このブログを「チリの歩き方」にするぞ

 

こうなったら自分でチリの本を作ればいいんだ。

ないものは作れば良い。

ってことでこれからこのブログに自分の体験したチリのことを書いて、このブログを「地球の歩き方」よりも優れたものにします。

「地球の歩き方」ならぬ「チリの歩き方」。

現状、チリに行く日本人はまだまだ少ないけれど、それでも毎年いるわけで

彼らも日本国内でのチリの情報の少なさに困ったと思います。

僕も困ってます。

 

このまま日本にいたら、死ぬまで行かなかったであろうチリ。

アジアでもヨーロッパでもない、南米。南米の中でもブラジルでもアルゼンチンでもない、チリ。

チリにしたのは直感。でも、チリチリ言ってると不思議とチリのことばっかり考えるようになってる自分がいる。

 

チリに行くのは運命なのか、たまたまなのか、わからない。

わからないけどチリ行ってチリの魅力をたくさん知ってきます。

このブログが「チリの歩き方」になるのを楽しみにしていてください。

少しずつやっていきます。

 

出発まであと24日。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です