チリで遭難しかけた話

僕はチリで遭難しかけた。

そう、あれはチリにきて、まだ10日ほど、という時のことだった。

僕は当初、チリで書道をやって生計をたてようなどと思っていた。

しかし、怠惰な僕はなかなかそれをしようとしなかった。

そんな時、前回の記事で紹介した打村明さんと出会い

学校の文化祭で書道をやらせてもらうことになった。

(以下の文章はその当時リアルタイムで書いた文章が残っていたので、誤字脱字を直す程度にしてます。リアルタイム感を感じてくれると嬉しいです。)

目的地に一人で向かう

 

その文化祭は朝の10時から夜の19時までで

場所は首都サンティアゴから西へ1時間半くらい行ったところにある、ビーニャデルマーというとこだった。(日本でいうと東京から横浜のくらいの距離。)

もし、これが日本だったら東京から横浜に行くぐらい、ぼっーとしていても着くのだか、ここはチリ。

電車の乗り方も、バスも乗り方もまだわからない。もちろんスペイン語も話せない。

僕はサンティアゴにいたので

打村さんにサンティアゴからの行き方や、会場の地図を教えてもらった。

僕はその時simカードを持っていなかったので、wifiがあるところでしかスマホを使っていませんでした。

なので僕は彼からもらった地図などをスクショしまくった。

 

サンティアゴからバスでビーニャデルマーに行き、ついたらバスに乗り、文化祭が行われる学校の付近で降りる。

 

正直、ビーニャまでは余裕だった。

バスのチケットを買うときも、僕は英語をちょっと話せるのでなんとなくで買えた。(話せなくてもビーニャデルマーって言って、人差し指で1を作れば買えるよ)

 

さてビーニャについた。ここからバスで学校の付近まで行かなければいけない。

会場はスクショしてある。問題ない。

 

唯一の問題点といえば、バス停と言ったバス停がなく、降りる時は自分で言わなければいけないこと。

 

僕はどうしようと思っていたが、まあ降りる人と一緒に降りればいいや、などと思っていた。

しかし、チリのバスの運転は荒い、どこかに捕まっていないと確実に吹き飛ばされる。集中する必要がある。

僕は片手で手すりを持ちながら、もう片方の手でスマホを使い、グーグルマップの現在地と、スクショした地図を見比べながら、自分が降りる瞬間を今か今かと待っていた。

 

しかし、これがけっこう難しい。

もともと方向音痴な僕は地図を見比べても自分が今どこにいるのかあんまりわからなかった。 

バスの運転は荒い、これが僕の平常心を乱してくる。

 

そんな時、バスに乗っている多くの乗客が降り始めた。なぜだ。ここはどこなんだ。

しかし、僕は1人では降りることができない。この人たちと降りるか。降りたら乗れない。でも今降りなかったら次いつ降りれるかわからない。

急に焦ってしまった。焦ると人間は普通の思考ができなくなる。

 

降りる場所をミスる

気づいたら僕はバスを降りていた。

グーグルマップを見ると、会場まではもう少しありそうだ。まあこっから歩こう。マップを頼りに少し歩く。

途中、人に道を尋ねるも、会場の場所は知らないと言われてしまう。

そう、ここ、ビーニャデルマーは観光地として有名だったのだ。みんな初めて来たのである。

しょうがない、このマップを頼りに歩いて行く。かなり歩いた。坂を登ったり下ったりで汗もかいてくる。1時間ぐらい歩いたかな。

 

遭難しかける

 

そして、一本道になった。

ここを抜ければいいんだな。そう思って歩いていく。

 

あれ、道なのかこれ。あってるのか。

ふと、グーグルマップを確認して見ると、さっきまで道を歩いていた僕の現在地が、道ではないところを指している。なぜだ。

先は一本道、しかも前方には8匹の犬が見えた。俺を見つけるやいなや吠えまくっている。

戻るか?いや、戻るのはなんだか嫌だ(早く着きたいのに、同じ道を歩くなんて無理、こっちは疲れているんだ。)

 

突き進むしかない。

そう決めた。

犬との距離が近づいていく。8匹が一斉に吠えてくる。怖い。けど、目を合わせてはいけないとどこかで聞いたから、無視して歩く。吠えながらついてくる。前だけみて歩く。

 

しかし、歩いた先に道はなかった。

そう、民家の敷地に入っていたようだ。8匹の犬は家の番犬か。そりゃ吠えるわけだ。

 

どうしよう、かなり歩いて疲れていたし、前は森、戻るのはだるい。もう泣きそうだった。

でも、僕にはひたすら歩き続けること以外なら選択肢はなかった。戻ったら犬いるし。

 

人生で初めて道のない道を歩いた。

森の中をかき分けていく。僕が道を作っている。そう言っても過言ではなかった。Googleさん見てますか、今日からこの道もマップに追加よろしく。

 

奇跡的に民家を見つける

 

諦めずに歩いていくと、家らしきものを見つけた。民家だ、民家を見つけたぞ!

しかも外でバーベキューをしている様子。幸いなことにこの日は日曜日だった。

2つの家族がバーベキューをしていたのだ。

僕のことを見つけるとすぐに「どこから来たんだ」と聞かれた。

僕はてんぱっていて「森の中」と答えた。

「いやいや、国だよ~笑」

彼らには余裕があった。

そして彼らは奇跡的に英語を話すことができた。このチリの山奥で。すぐに僕は学校の場所を見せた。

彼は当然のように学校までの行き方を教えてくれた。ここから近いようだ。

助かった、、、

僕は言われた通りに道を歩き、そしてついに、学校に着くことができた。

 

文化祭で子供達にちょっと書道をする

 

文化祭は9時から19時までだったが、着いたのは17時。着いたからいいんだ。

 

僕は何食わぬ顔で打村さんに挨拶をし、ドヤ顔で書道をした。

 

僕は軽く遭難したことを話すと

打村さんは「大変だったねえ~」とおにぎりをご馳走してくれた。

このおにぎりが今まで食べたおにぎりの中で一番うまかった。生を実感した。

チリの人って書いて遊んだり、3000ペソ(日本円で500円)を稼いだりした。

無事、文化祭も終わり、帰りは打村さんに車でホステルまで送ってもらった。

僕は遭難しかけたことにより、怖いものがなくなっていた。

遭難しかけた時は本当に泣きそうだったが、振り返ってみればいい経験になった。

そして最後の頼れるのは、スマホの中に入っているGoogleマップなんかじゃない。人間の直感だ。たぶん。

その場その場で助けてくれる人たちに感謝していきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です