チリ人のお金の稼ぎ方~路上パフォーマンス編~

チリでは、路上パフォーマンスをしてお金(チップ)を稼いでいる人が日常的にいました。

日本でも駅前などで音楽をやっている人は見かけますが

チリでは日本では見たことのないようなパフォーマンスもあったので

今回は「チリ人のお金の稼ぎかた~路上パフォーマンス編~」と題して

チリ人のパフォーマーたち全部で4名紹介していきたいと思います。

 

エントリーナンバー1「横断歩道の真ん中で一輪車に乗ってジャグリングをする女性」

 

僕がチリについて一番最初にみたパフォーマーは彼女でした。

僕が信号を待っていると、横断歩道の反対側に一輪車とジャグリング、さらにボールを持っている女性がいました。

最初彼女を見たとき、僕は

「これからどこかへパフォーマンスをしに行くのかな」と思ってました。

すると突然横断歩道のまんなかに立って、停まっている車に向かってパフォーマンスをはじめました。

 

彼女はパフォーマンスが終わったあと、停まっている車に向かってドヤ顔で自らチップをもらいに行っていました。運転手も結構チップをあげていましたね。

信号が赤になるたびにやっていたので、僕もしばらく座ってその様子を見ていました。

チリについて初めて見たパフォーマンスが彼女だったので

「なんでもありやんけ、、、」

と驚いたのを覚えています。

 

エントリーナンバー2「仏」

 

チリにはplaza de Armas アルマス広場という待ち合わせなどにもよく使う広場があるんですが

あの日は天気のいい週末でした。

僕が広場へ行くと

そこには太陽に照らされ、金色に輝く仏がいました。

彼はこの暑い中、周りに全く動じづ、ただ一点を見つめていました。

たまに両腕をそれっぽく動かしたりしていました。

彼のオーラに圧倒された僕は気づいたらポケットからチップをだして彼の前に置いていました。

余裕なんて全くなかったのに。

 

エントリーナンバー3「カラオケおじさん」

 

ある日、僕が電車に乗っていると

あとからマイクを持ったおじさんが突然入ってきて、突然歌い始めました。

スペイン語の歌だったので僕はわかりませんでしたが

彼は気持ちよさそうに歌っていました。

一曲歌い終えると

当たり前のように彼は周りの乗客に手を差し出します。

周りの人たちも結構チップを渡していました。

すごい。なんてカジュアルなお金の稼ぎ方なんだ。

マイクをもって電車に乗り、歌って、チップをもらう。

電車賃分は確実に稼いでいたので、移動費はゼロですね。

 

エントリーナンバー4「ちょっとずうずうしい二人組」

 

いよいよ最後のパフォーマーです。

僕がレストランで友達と食事をしていると

突然二人組の女性が入ってきて

歌を歌い始めました。

スペイン語の歌だったり英語の歌だったり、聞いたことのある歌もいくつかありました。

 

歌が終わると彼女たちは僕たちの方へ向かってきて

チップを要求しました。

他のテーブルも回っていました。気づくとレストランにいるお客さん全てに回っていました。

 

好きな歌を、好きなだけ歌い、チップを要求して帰って行く

あのハングリー精神は見習いたいと思いました。

 

今回4組のパフォーマーを紹介しましたが

チリ人のパフォーマーたちはそれぞれユニークなことをしてチップを稼いでいました。

チリでは何かパフォーマンスをして、チップをもらうことが日常的に行われていて

日本よりももっとカジュアルでした。

このあと僕も書道をやったりするですがそれはまたの機会に書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です